Jean Dubost ジャン デュボ バターナイフ

朝はパン派である。 パンにはバター。 バターにはバターナイフ。 バターナイフはJean Dubost (ジャン・デュボ)、が推しである。

バターナイフは、木製、アルミ製、バターケースに付属していたおまけのタイプなど、いろいろと併用していた。ところが、ジャン・デュボが加わってからは、家族が皆このバターナイフを使いたがるのである。

ハンドルは樹脂で見た目のイメージよりも軽い。バターナイフといっても、チーズやフルーツを切ることができるほどの刃になっている。しかし先端は丸みのある形で、子供のいる食卓に出していても安心感がある。ホットケーキの時などは、まだ大人用のナイフが大きすぎる娘にこれを持たせている。

というわけで、何役もこなせるこのバターナイフは家族中から指名が入るため、1本では足りず、買い足すことに。日々の食卓でますます活躍している。

 Jean Dubost バターナイフ

※記事に価格の掲載がある場合、表示価格は投稿当時のものとなります。

記事一覧に戻る